読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てのはてな

オタク主婦の漫画とアニメの話

ケネディ宇宙センターからカレンダーが届いた

 寮から車で1時間半ほどのところにあるケネディ宇宙センターから年間パス購入者全員サービスカレンダーが届いた。
 (行こうと思えば何回でも行けるはずの距離なので年パスを購入したが結局まだ1回しか行っていない)
 カレンダーなのに昨年末に届いておらず1月分が無駄といえば無駄。
 日本で働いていた時に営業の方が「やべーもう年明けちゃったのに挨拶用カレンダー配り切らなかったよやべー。年末忙しかったからさー。まあ年明けても勿論忙しいんだけどねー」とか目が近すぎる顔で言っていたことと対比して考えると、非常にアメリカらしいとも感じる。
 いずれにせよ年パス購入者に宣伝しか届かないユニバーサル・スタジオ・オーランドよりも好感を持った。

 2011年2月の写真は、40年前(1971年)2月に月に降り立ったアポロ14号の写真。
 毎月こういった形でアメリカ宇宙開発関連の写真が掲載されており、その他、月齢とアメリカ・カナダの主要祝日などが記載されている。

 年パス購入者は「COMMANDER'S CLUB」メンバーとなる。宇宙からの侵略者と戦うっぽくてかっこいい(※偏ったイメージです)
 この裏面(表面?)にはパス購入時にセンター内で適当に撮影された顔写真が載っている。写真は解像度が低くてとても粗い。
 ちなみに年パス購入者は一年間センター入り放題になるのは勿論、センター内お土産屋さん(及びオーランド国際空港内ケネディ宇宙センターショップ)でのお買い物が常に1割引になる等々の特典がある。*1



 ケネディ宇宙センターというとセーラームーンの「かぐや姫の恋人」でルナが好きな人を追っかけて行くところなんですが、観光とはいえ、まさか自分が実際にそこに行くことになろうとは思わなかった。
 延期されまくっていたシャトル打ち上げ*2は結局仕事で見られなさそうで残念だけど、音だけでも聞こえたらいいなあと思う。
 (オーランドからでも音が聞こえる……とか誰かが言ってたような気がする)

 関連記事:フォトリポート:スペースシャトル「ディスカバリー」最後の打ち上げへ向けて再び発射台へ - ITmedia ニュース

*1:他にもいろいろあるけど忘れた。気になる方はお調べ下さい。空港内ショップでも年パス割引が効くのが地味に嬉しかったのでこれだけ覚えている。

*2:当初の日程だと見られなかったが再々延期された日程が丁度よかったので見に行ける!と思ったものの更に延期され、途中から数えてないけど結局再々々々々々延期くらいされたと思う。