世界の果てのはてな

オタク主婦の漫画とアニメの話

井口昇監督「電人ザボーガー」※超ネタバレ


 オリジナルを10年程前にスカパーで恐竜軍団前まで見ていて、今回のMXでの再放送も大体見た。特オタではないのですがそんなわけで思い入れの強い作品です。
 それで、先に見に行った人の評判も高く電流がほとばしりそうなくらい期待して見に行ったところ、すごく面白かったけどオリジナルとテイストの違い過ぎるエロ・グロ・ギャグが肌に合わなかった……。多分井口監督のセンスが自分の好みと異なるのだと思います。井口監督作品は初めて見たので他の作品も見てみないことには断定出来ないのですが。ていうか、
 どうしてこうなったwwwwwwwww 大門さんは色恋沙汰に心惑わされたりしないwwwwwwwwwww ザボーガーと女を天秤にかけたりしないwwwwwwwww ていうか女いらねえwwwwwwww エロすぎるwwwwwwwww 我輩もジャンボメカAKIKOの太もも垂直に登りたいでござるドゥフフwwwwwwwwww と思ったものの、新田警部とのやりとりなんかも併せて考えるとオリジナルより遥かに大門が人間らしくなったな……とも思った。
 他の感想記事に対して「かっこいいザボーガーが見たくて細かいことどうでもいい人向け」みたいなこと書いてる人がいたけど完全に同意。
 まあオリジナルもウロ覚えなので大門が色恋にうつつを抜かしてる描写もあったのかもしれませんが……うーん……。



 以下諸々感想。

・デカい唇で吸ってくるっていう攻撃方法とあのビジュアルで正直のっけからヒいたけど、それで「遺伝子を採取する」っていうのがいかにもΣ団らしい科学的なんだかそうでないのかよく分からん攻撃だなと思った。普通に注射器とか使えよというか。
・「電人ザボーガー、GO!」でOPが流れるところでもう号泣。この新録バージョンOPを劇場で聴けただけで当初の目的の8割果たせた感。爆音映画祭でやってほしい。
・アクションシーンで大門がいちいちすげー顔して「止め」るところとかオリジナル完全再現感すごい
・アパッチドリルとかまで出て来ると思ってなかった……
・「スタッフクレジットの『オリジナルスコア』って何?」って思ってたら音楽はオリジナルのアレンジっていうか録り直し?だったんですね。メロディがオリジナルのままでびっくり。新録版サントラ発売まだですか……勿論OPとEDも収録して……。
・ミスボーグ山崎真実さんのセクロスシーンの表情がエロすぎる。悪之宮に鞭打たれてるところも。この二人に関しては「人間の匂いがするぞ」とかもいちいちエロい。言うのも野暮だけど鞭打つのが暴力的セックスの暗喩にしか見えない。
・アイキャッチで「ティルルルドゥーーーーーーーン」*1が流れて爆笑。話には聞いていたが……。しかも板尾さんが乗ってる絵に描き換えられてるのも芸が細かすぎる。
・見てて気付いたけどオリジナルには「流血描写」が皆無だったんだなと思った(そうでもないですかね?)。血が出てるシーン(議員愛人がブルガンダーに喰われるとことか、三姉妹の攻撃で警察の人がやられてるとことか)は総じて痛そうでちょっと見てて辛かったです。別に全然大したことない流血度合いなんですけど、あんまり血が出ないオリジナルと比べてしまってちょっと違和感があった
ラガーマン三姉妹の赤い人が攻撃した時に太ももだけふるふる震えてる動きをちゃんと映しててすげーと思った
・おならに火を点けて飛ぶのは品が無くて好きじゃない
・ストロングザボーガー起動後の主題歌、オリジナルバージョン2番まで流した後に間奏から新録バージョンに切り替えましたよね?
・空中戦最高!!!!!
・ジャンボメカAKIKOはセーラー服着てるし日本文化好きな海外の人にはウケそうだなと思ったけど実際どうだったんでしょう。ミスボーグとのセクロスシーンは海外ではカットされてたそうですが……。
・ジャンボメカをAKIKOにしてもバイクでの垂直登りを忠実に再現しててこれも爆笑。これだけじゃなくてエンドロールでこういうシーンの元ネタ解説してたのもすごい親切設計ですよね
・秋月は旅に出た後そのうち孤児院にいる冬子って子と仲良くなって欲しい。ていうかあんだけいろいろ変更してるのに秋月の鉄の輪とかの設定も踏襲してるのほんとすごいと思った
・でも欲を言えばあそこまでオリジナルを踏まえてるんだから悪之宮博士の最期で「ミスボーグや側近が誰もいなくなった後に車椅子から落ちて這いずる姿」やって欲しかった。あれ、「悪の末路」としてすごくインパクトあったので。
・最後、きくちさん大門になったところで「何歳になっても自主的に悪を追いかける」みたいなこと言ってるの笑った。「自主的に」。パラリンザボーガーっていうネーミングも良かった。みんなもいくつになっても自分の道を貫こう。
・新録EDは2番間奏後のティンパニーが無くて残念だった。あれが好きなので。でも良い新録だった。早くサントラを……DVD特典になるんですかね……。



 まあ結局すっげー面白かったし良かったんですけどいろいろ違い過ぎるので途中から公式二次創作だと思って鑑賞していました。「全盛期を過ぎた主人公」とか、まるで蛸壺屋のけいおん!同人誌を読んでいるような気分になった。まあそれで「老いてなお、いくつになっても、立ち上がれ!」と解釈してもいいんですけど。
 大人になってスタチャ大月さんのような権力者になったらこういう「過去作品を好きにリメイク」が出来るのだとしたら、わたしもどっかのコンテンツ会社の重鎮になってノイタミナ枠で沙粧妙子のリメイクとかしてえよ……と思った次第。

*1:恐らくオリジナルのアイキャッチと同じ音である