読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てのはてな

オタク主婦の漫画とアニメの話

ヱヴァQ感想(ネタバレあり)

アニメ 映画

空いてから見に行こうと思っていたがネタバレ回避のために早めに見に行くことにして、当日予約でららぽーと船橋のTOHOシネマズに滑り込みセーフ。金曜夜に新宿バルト9のお祭りも見に行って金曜ロードSHOW破も見て、ちょうど良く盛り上がった気分のまま無事に初日に見に行けました。

以下ネタバレ。








 
いろんな意味で楽しんで見られたものの、手放しですげえ面白かったと言える話でも無かった。既にあちこちで指摘されている「正統派エンターテインメント放棄」という話には全く同意だし、それ以外にも「わざとやってる説明不足」が考察厨でない私には辛く、自分にとってはあまり「心地よい物語」ではなかった。リア中の頃はエヴァのせいで天使の辞典とか図書館で借りてたがもうそういうの疲れた。設定が全然違ってるのは面白いから問題ないですけれども……。

というわけで以下、とりとめなく箇条書きで。考察系のことはほとんどありません。



■シンジ
・確かにみんなこいつのせいなのかもしれんがそれにしても説明されなさすぎて可哀想すぎるだろ。
・でもカヲルくんがやっぱやめようって言ってんのに突っ走っちゃうのもよく分からん。「人生ちゃんと考えてから動こうね」って言いたいの?
・トウジのシャツは非常時で服作ってる余裕なんて無いから死んだ人間の服も使い回してるってことなの?

■カヲルくん
・炸裂するシーンがネオ皇帝が炸裂するシーンぽい
・寝っ転がってる時にふと見てみるとこっち向いてるとか、相変わらずイケメン。

ミサトさん
・あんな冷たいならとっととシンジ殺しとけばよかったじゃんって思うけど"OUT OF RANGE"の時の逡巡を見るに、殺せなかったんだろうな……と思った。よく考えたら当初の28歳時点でバリキャリ女性でも出産とか考えるタイミングな訳で、そういうの全部スルーしてたのに突然弟のような息子のような存在が現れて……そりゃ情も移るわと。
・自分がミサトさんの年齢超えてしまったことに愕然としてたので43歳になってる設定は嬉しかった(なんだそりゃ)

■リツコさん
・ベリショかっこよさす。しかしキッズ・オールライトの女医さんの方みたいでマジミサトさんとガチレズなのではと思える。

■アスカ
・思ってたより元気

■マリ
・破の時は興味なかったのに今回で好きになった。アスカとのタッグ燃える。「お姫様」って呼んでるの萌える。
・黒波に「オリジナルはもう少し愛想があったよ」とか言ってるのがよかった。破の「弐号機の人、逃げて。ありがとう」(でしたっけ?)が好きだったので。

■ゲンドウ
・よく分かんない

■冬月
・生え際が……あと後半に行くにつれてアゴのシャくれ方が激しくなってる。
・唯一この人が親切に説明してくれてたが遅いというかなんというか、とってつけた感。

■黒波
・あんま言うことない

■ナディアの曲
・分かれて嬉しい。

ノーチラス号クルー
ノーチラス号じゃないけど。確かにこの人たちはちょっとグレンラガンぽかった。

■トウジの妹
・どうでもよかったがパンフ見て沢城だったと気づいて俄然好感度上がった

■ゼーレのモノリス
・消える前にロゴが変わるところがキノコ雲っぽく見えた

■戦闘シーン
・何やってるかよく分からんがとにかくかっこいい。みたいなシーンの嵐。敵味方はっきり分かるのって分かりやすいエンタメには重要なことなんだな……と今更理解した。

■ラストシーン
・馴染みある3人トリオという構図になって嬉しかった。中身はかなり違いますが……。

巨神兵東京に以下略
・これも同時上映しちゃうところと今回エンタメ放棄してるところに「前までで儲かったからって趣味に走り過ぎだぜ!」と思った。
・ともあれ自分は特撮博物館行ってなかったから見られてラッキーでした。
__

とりあえずこんなとこっすかね……。まあ次ももちろん、何年後になろうとも見に行きます。