読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てのはてな

オタク主婦の漫画とアニメの話

北川景子さんのご結婚を祝って12年前の実写版セーラームーン感想を再掲します(1万字)

TV アニメ マンガ ドラマ

natalie.mu

めっちゃファンってわけじゃないけど2人とも好きだし嬉しいなー!!!!めでたい!!!!末長く幸せになってほしいです!!!!!!!!

北川景子さんというとまず思い出すのが実写版セーラームーンのセーラーマーズ役。終盤の美奈子回の泣き顔とか最高だった…………。

というわけで今日は実写版セーラームーン放送当時の約12年前に書いてた感想を、消しちゃったはてなダイアリーの過去ログから掘り返して貼ります。そしたら1万字超えちゃったー☆ミャハー☆

北川さんのマーズ役は黒歴史とか言ってる人もいるようなんですが、本人的にはそんなこともなく今でも出演者同士で女子会とかやったりしてるようなので、こうやって今話しても問題ないでしょう。

bylines.news.yahoo.co.jp

 

今回なんで過去ログ再掲をやるかというと時事ネタでアクセスアップ・俺は昔から見てたぜというオタクによくある自慢実写版セーラームーンめっちゃ面白いからみんな見て!!!!!!ということを伝えたいからです!!!!!見もしないで黒歴史とか言ってる奴ら滅びれ!!!!!黒歴史って言ってない人でも見たことなかったら見て!!!!

 

過去ログ貼る前に、未見の人でも興味が沸きそうな点をいくつか書きます。けどネタバレだから気にしない人だけ見てください。

  1. 脚本小林靖子さん
  2. クイン・ベリルが杉本彩さん
  3. ルナがセーラールナっていう美幼女戦士になるんだけどそれが小池里奈ちゃん
  4. 亜美ちゃんが闇落ちしてダークマーキュリーになる
  5. めっちゃ百合
  6. 終盤でセレニティが大爆発を背に歩くシーンとかめっちゃ特撮(爆発回は36話と41話)
  7. 北川さんの演技が良かった回は33話、37話など

 

それでは以下、当時の感想を貼ります。ここからも当然ネタバレ全開だからご注意いただければ幸いです。

美少女戦士セーラームーン(1) [DVD]

美少女戦士セーラームーン(1) [DVD]

 

 

美少女戦士セーラームーン ビジュアル・ブック

美少女戦士セーラームーン ビジュアル・ブック

 

この写真集は持ってます。ぶっちゃけ戦士姿よりオフショットみたいな写真の方がかわいい……(それを言っては……)

 

12年前に書いてた実写版セーラームーン感想

※大プッシュしてるくせに見たの途中からなので前半の感想無いです。今回久しぶりに見返したくなったけどDVDまでは流石に買ってなくて、配信やってるところも無いっぽかった。残念。過去ログ読み返したらまた見たくてたまらんとです。トピシュさんの電書の収益でDVD買おうかな!!!!

 

Act.28

 

スゲえ面白い!最高!!

最初からちゃんと見てればよかった!


原作よりアニメより実写が一番面白い!!!
「長文書けない」とか言ってたのに書きたくなっちゃう面白さ。今までちょこちょことしか見てなかったけどこれから毎週録画して見ます。アニメもドラマも含めて最近の30分番組でもトップクラスに位置する出来。30分の中にきちんと盛り上がりがあり、先週分を見て無くても途中からでも面白いという……あーもー素敵。
感情描写がさ……漫画よりアニメより丹念なんですよ……。つうか脚本書いてる人誰?*1神!「
セーラームーン実写?アホかー」と思ってたけど素材の料理が上手すぎる!あと女の子たちもイメージに合ってて可愛い!

今日の回はうさぎより亜美ちゃんの変身シーンをメインにしてる芸の細かさが高ポイント。あと、亜美ちゃんダーキュリーになってる間の敵方とのロマンス?が気になる。あのかばってた人誰?四天王の人?ちきしょう。ホントちゃんと見てればよかった。

しかしセーラールナのあの衣装のカラーリングはどうにかなりませんか。髪の毛の色も。

 

Act.28感想その2

朝書き足りなかった分を。

つーかさー、……
亜美ちゃん×うさぎだったんですよ!ちょーあみうさ!!朝も早よからあんな白き花びらなシーンを流されて気分はすっかり百合姉妹!「謂わばダークキングダムの庭」のあの森は二人だけのいばらの森

何度も言うけどあんまちゃんと見てなかったんでよく知らないんですが確かなるちゃんと亜美ちゃんでうさぎをを取り合ったりしてましたよね?亜美ちゃんつーのがポイントですよねー。まこちゃんでもレイちゃんでも増してや美奈子ちゃんでも駄目なのですよ……うさぎやらなんやらを巡る葛藤やらなんやらからダークサイドに回るに到る人間は。亜美ちゃんを選んだ脚本の人ホント神。

まこちゃんが「変わったのは、ルナだけじゃないか」って言うシーンもよかった。感情描写が……ッ!思春期の少女たちの成長物語が……ッ!!

こないだ読み返したけど原作ってとどのつまりうさぎが衛を恋い慕う気持ちだけで宇宙最強になってるからさー……。でも実写版は衛関連も例の幼馴染のおかげでうさぎの心情にも変化がついて更に面白くなってるしやーもー脚本家の人神。現人神。

なんだかんだでセラムン大好きだな……。

 

Act.29

・黒木ミオじゃなくて黒井ミサだったらエコエコな感じで面白かったのに。
・バレーシーンでのQueen「Born To Love You」はキムタク『プライド』でも意識してたんでしょうか。
・タンバリン虫取り亜美(故意)でゲットするセーラールナ激萌え。
 (でもその後の必殺技のポーズは……)
 (あと変身ケータイのCMの振り付けが……!)

物凄い個人的意見を言いますが、黒木ミオの子(有紗)は私の想像するロサ・ギガンティアのイメージにかなりぴったんこカン・カンです。もしマリみても実写化するとしたら聖さまの子は是非この子で。

それにしてもセーラー戦士みんな可愛いっスねえ!!!!
特にまこちゃんがこれまた私のイメージにぴったんこカ(以下略)!!
レイちゃんも可愛いし綺麗で美人さんなんだけどちょっと線が細すぎるんだよな……。

 

Act.30

・こういう展開は見ててムカつくので止めて欲しい
・うさぎのクラスメイトのあの女の子、なるちゃんだったんスね……。こないだ見始めたばっかりなんで全然分かんなかったっス。
・「うさぎちゃん、いい人ですよね」
 「そうね……でも、私はそうじゃないから」
 百合です!!!
 ミオはその内絶対うさぎのあまりのアホさ純粋さにMajiでKoiする5秒前になります!!それを予想してプリンセスうさぎ親衛隊陰の実力者美奈子が早くも牽制をかけています!「あの子に変な真似しないで」なんて言っちゃったりしてああもう!

ところでまもちゃんの雰囲気が昔の貴水博之氏に似ていると思ったのですよ……ナナメから見た顔とか服とか。そう考えるとピヤノを弾いてゾイサイトはいわば浅倉大ちゃん。髪の毛白いし。
そう考えると太陽さえも手を出せない素足が眩し過ぎるドラスティックマーメイドに見えてきませんかァーっ?見えてきませんか。そうですか。つうか話がよく分かりませんか。あいすみません。

そしてそしてビジュアルブックの写真可愛過ぎ!!!!!
沢井美優可愛い!!!ケーキ食べてる写真可愛い!!!!!脚開いててエロい!!!!
あと北川景子小松彩夏のカメラ目線にズギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!

 

Act.31

まこちゃんファッションショーが可愛かった回。

冒頭、

「どうして私だけ戦士の力が覚醒しないんだろう。どうして、私だけ……。それが、昔からの疑問」(ウロ覚え)

最後に「どうして、私だけ」を繰り返すことによって、疑問点を、覚醒出来ない事だけでなく「どうして私だけ(両親が死んで)独りなの」「どうして私だけ友達出来なくて独りなの(うさぎ達に会う前)」という点にまで広げる台詞回しが上手いと思った。

余計なおせっかいしまくりなうさぎは正直スゲえムカつくんですが、付き合う気も無い男にカリーを作る思わせぶりな女の子もどうかと思う。無意識の行動が罪なところが小悪魔なのか……。(お前の子供じみた恋愛観はどうでもいい?ハイ、すんません)カメ吉がフラれるシーン、なんか朝から切なさの扉開きそうになっちゃいましたよ……。
それにしてもまこちゃん特製カリー、スパイスは入っていても具は入ってなさそうなところが気になる。とろみに欠けていたところはともかく。

まこちゃんが覚醒するところ、風のそよぎと共に木々のざわめきがやけに強調されていたから原作にあった「まこちゃんは植物も好き」という設定が生かされるのかと思いきやそうでもなかった。

 

Act.32

うさぎ、ロンドンロンドンゆかいなロンドンたのしいロンドン、ロンドン♪に行きたがるの巻。

長いアバンタイトル。5分て……。四天王みんなマスターラブになってきていいカンジ。ゾイサイトが『月光』を弾く度初代バイオハザードを思い出すのは私だけですか。
杉本彩のベリル様は野際陽子月影先生に匹敵する再現度だと思うのは私だけですか。

「まさかプリンセスのところへ行ったとでもいうのか!?」
「クク……ハッハッハッハッ…………さぁ?」

かっけー!!ゾイサイトかっけー!!!
死神ホストの方がかっこいいなんて言ってごめんねゾイサイト!アンタかっこいいよ!輝いてるよ!

それにしても速攻で帰ってきたまもちゃんは一体何のために留学したんでしょうか。そして幼なじみはどうするんでしょうか。最後に二人の様子を見ていた美奈子ちゃんの胸に渦巻いていたものはそう、嫉妬です。

 

Act.33

妖魔より星の崩壊より怖いものはおまわりさんだった……、という話。

・「亜美ちゃん!みんな!」って、「みんな」扱いのレイちゃんとまこちゃんが切ない。
・「だまれ!俺にはベリル様だけだ!」のシーン、腐女子的にゾイサイトジェダイトに言い寄ってるように見えなくも無い。
・自転車雪崩れさせちゃうドジっ娘まこちゃん萌え!
・なるちゃん生きてたんだ……。そして体調を気にする黒木ミオ。オニだ!
・そして更にラブラブバカップルを睨み付ける黒木ミオ。恐怖。それにしてもまもちゃんの幼馴染は見逃した回で消えたのかなあ。どこ行ったんだろうあの子。
・レイちゃん迫真の演技!ガニ股仁王立ち×2回!泣いた!感動した!

亜美ちゃんの方は今回さして萌えませんでしたがあの「キャモォーン」ポーズはかなり楽しみです。あと着ぐるみパジャマパーチーもちょーーーーー楽しみ。

 

Act.34

土・器・土・器☆水と火2人きりのパジャマパーティー☆純白の羽根が2人の体を優しく包んでいきます……の巻。

・なんで普通のお墓じゃないのでしょうか。娘神社に預けてるのに。
ゾイサイトがいよいよマスター激ラブモードにシフト。
・私もまこちゃんのお弁当食べたぁーい。
セーラー戦士ルーム(正式名称何スか?)のテーブルが月だということに気付き驚愕。

妖魔、こっちよ!

きゃ、きゃーーーーーーー!!!!
あッ、亜美、ちゃ!妖魔じゃないけど挑発されるがまま、ついて行きたい所存です。
それにしても美奈子ちゃんが完全ハブで可哀想。とか思ったら来週出てくるみたい。痒いところに手が届く展開だぜ。

 

Act.35

うさぎの天然無邪気魔性誘い受っぷりに対する美奈子ちゃんの葛藤が物凄く百合っぽかった話。
「星のために彼を忘れて」ってさー、ぜってー(……星のためだけじゃなく、出来れば……、私のためにも)とか思ってるって……。でもそんな個人的感情は決して表に出せないリーダー的存在ヴィーナスなのですああ萌え。

・ミオがこわい。
クンツァイトはベリルに対抗してどうすんだ?つか四天王のやりたいことがよく分かんなくなってきたんスけど……。つか、もう「四天王」って一つにくくれないバラバラ具合。亜美ちゃんにぐーでポカリとされちゃうわ。ベリル様はベリル様で地球征服よりまもちゃんにご執心ぽいしな……。
・「思い出の映像が炎に焼かれていく」ってスゲえ演出ですね。
・「迂闊だった!あれはクインベリルの影!」<今更!
・まもちゃんがうさぎに美茄子の正体を告げる辺りかなり面白かった。やっと分かってくれたよ……。

エンディミオンセーラームーンで揃い踏みしたとき石破ラブラブ天驚拳でもしてくれるんかと思ったけどしてくれなかった。残念。

それにしてもエンディミオン時のまもちゃんの黒髪は浮きすぎだ。

 

Act.36

・前世からうさぎを想い続けている美奈子ちゃんは同じく前世から衛を思い続けるベリル様に対して動揺を隠し切れません。ベリル様の執念ゼリフを聞いて反応してる(独立カットがある)のは美奈子ちゃんだけです。
・セレニティの首輪はぶっちゃけ……いや、ぶっちゃけられない。恐ろしくてそんなこと言えない。ソード?はよかったです。ドカンドカン景気よく炸裂する爆薬バックにキラキラフリフリの格好で歩いてくセレニティを見て録画保存決定しました。非日常ここに極まれり。

「肩越しに金星」って歌はレイちゃんが美奈子ちゃんに片思いする歌なの?(CD買えよ)

 

Act.37


お笑い担当:美少女戦士、シリアス担当:四天王、の回。

・レイちゃんは泣く演技とかちゃんとしてていいなあ。素敵だなあ。
・原作ファンとしては「まもる」ではなく「まもちゃん」と読んでほしいのココロー。でもあそこで「まもちゃん」って呼ばれても変ですね。
・「あんな前世のオバケみたいなのに大切な人とられちゃダメよ!」
 ベ、ベリル様!!!オバケ扱いですよ!!!
・ミオまだいたの!?消滅したかと思ってた。消滅するならうさぎたちに正体バラしてからにしてほしかったので消滅してなくて嬉しかったっスけど。しかしミオたんはぶりっ子の演技がホンット上手いですね。こないだの病院での「お礼したいの……ダ、メ……かなあ」の誘いを間髪入れず断った衛は男じゃねぇと思いました。ズギュゥゥゥゥゥウンと来たよ。あの上目遣いと台詞回しには。そして断られた後の憎憎しげな上目睨み(なんだそりゃ)に戦慄を覚えるわけですが。つまり、ミオたんはぶりっ子以外の演技も上手い。
・そして出されたゲテモノ料理をまんまと食べてしまうまもちゃん。異界の料理を食べると元の世界には帰れなくなるのがフェアリーテールなどにおけるセオリーだとかどっかで聞きましたがはてさて。
・おだんごうさぎヘア亜美ちゃん!しかも生着替え!!!と思ったらパジャマの下は服着てましたー残念無念ー。うさぎママは恐らくおだんごで娘を認識しているのでおだんごを付ければ例えカメファイターでも娘と思い込むでしょう。
クンツァイトエンディミオンの剣のおけいこシーン腐女子的に萌え。
 「お前のは俺を守るための剣か?」「我らの剣は、主のために死する剣です」
 それが今では!現世では!!強すぎる愛が憎しみに裏返っちゃったいい例ですね。
・先週から仲がよくなったレイちゃんと美奈子ちゃん。
 「くぴ」「下手ね」
 って……!何なの……!!!何でこんなウケ狙いに来てるの……!何でレイちゃんはかぶりもん着けっぱなの……!!しかもそのカッコでシリアスなこと喋らないで……!!
・ベリル様のネイルは気合が入りすぎて唐辛子みたい。
・ルナの変身シーンだけ優遇されてるのは気に入らないが尺が他の子と合わないのかもしれないし、可愛いから許す。
・タンバリン久しぶりに出てきたな……。

 

Act.38

離れ離れになった恋人たちは互いに出会った頃からの思い出を辿り合う……、という巧妙なようでバレバレな総集編。私は途中から見始めたので初見映像が多くて楽しめましたけどね。

・まもちゃんが眉をひそめる顔とミオたんが眉をひそめる顔は似てると思った。似てないスか?ミオたん今日出てないけど。
・プリンセスとうさぎが対峙する場面、メイクと衣装と髪の毛の色でここまで変わるもんなんスね。美優ちゃんの演じ分けが上手いってことですね。素敵よ!
・タキシード仮面って久しぶりに見たな……。
・今回の腐女子的見所はやはりあの3人のシーン。まもちゃんの前に愛憎入り交じりクンツァイト登場!
「前世を繰り返したくない者にとって 俺たちは不吉な存在だ」
 つまり2人の仲を引き裂こうとする者ほど前世を厭う者だということですね。つまりあんだけ「前世は変えられない……」とうるさい小姑美奈子ちゃんが一番前世を繰り返したくはない、変えたいと思ってるってことですね。ああー、美奈子ちゃん!萌え!余命いくばくもないところが可哀想で更に萌える。

 

Act.39

うさぎ、遠距離攻撃型スタンド「デューク東郷」に翻弄されるの巻。

・去り際にうさぎを睨み付けるマスターラブのゾイサイト
・ミオまだいたの!?(また言ってる)
・アルテミスの三白眼……。美奈子ちゃんにチューされるのかと思ってドキドキしました。後にルナとくっつくとは言ってもアルテミスは美奈子ちゃんに片思いしているというのが通説ですから。アルテミス→美奈子ちゃん→うさぎ、という思いの一方通行があるというのが定説ですから(どこの)
ネフライト、クラウンに勤めるようになったんだ!しかも元基おにいさんの口添えで!
・ぬいぐるみが「ファーストキス奪われた」って言うのと小池里奈が「ファーストキス奪われた」って言うのとでは大分意味合いが変わるんですけど。
・腕立てで下半身映らない育子ママン。
・「同じ手は食わん」<幼女に向かってなんとも大人気ない得意げなクンツァイト。素敵。
・「あたしだって同じ手ばかりじゃないわよ!……重い……」この時のクンツァイトの顔!あとルナの動きがちょっとだけ「鳴り響け!あたしのエロス!」っぽかった。(ステッキにチュッてするところ)

今日はセーラールナ祭りでしたなあ。可愛いかった。
しかし愛エプ1位のベリル様がちょびっとしか出てこなくて残念。

 

Act.40

劇伴に乏しくテンポが悪い素人映像を延々と見せられる回。
え……なんか……泣きたくなるほどつまんなかったんスけど……。あんまり書くことない。つうかプリンセス+ナパームの回から最終決戦に行くのかと思い込んでたから最近の話は中だるみにしか思えません。でも中だるんでる余裕なんてあるのか?全何話?という感じに困惑気味。

・ネフ吉はいちいちヒトに詰め寄りすぎ。チューでもしたいのか。この時のアングルがまた……。
・プリンセスハープをソードに流用するアタッチメントを考えた企画開発者は神。
・歌ってる美奈子のクチビルアップハァハァ……
・マーキュリーのヒップアタックハァハァ……

 

Act.41

バーサーカーモードプリンセス+ナパーム再び!燃えて萌え萌え!の回。
先週と打って変わっていつもの面白さに戻ってよかった……。

・ついにネフりんと亜美ちゃん再会!
・「新種のカメ」って、カメ着ぐるみのまことかよ!
・「嫌な気配」って、あの映像だと猛暑のことのようにしか思えないんですが……。
「ちょっと変わっちゃうけど、驚かないでね」このセリフだけでもかなりの驚愕モノだったのに更にプリンセスver.見たなるちゃん「また変わった……!」って!!!

プリンセスは攻撃を弾き飛ばす時に威力を倍増させて弾いてるようにさえ見えた。
何であんな弾き方すんだ。つうか敵に当てようよ……。

 

Act.42

タカラヅカばりのきらびやかな衣装をまとった青年達が腕ずもうに血道を上げる話。あのシーンギャグにしか思えませんでしたが……。
さておき、今日の話は面白かった!
プリンセスとうさぎが対峙するシーンとかよかった。窓辺に揺らめくレースのカーテンが少女の心情を表すかのようにふわりふわりと。

・ミオまだ生きてたの!?(最早常套句)うさぎたちに「ミオちゃん!?」とかは言ってほしかった。
・ベリルとジェダイとが並ぶと「若い燕をいいようにパシる毒婦」というようにしか見えませんが……。
・なるちゃんええ子やああああああ!!!!!
ゾイサイトクンツァイト2人のシーン、カメラ回し過ぎ。
・「ケチャップ風味」って、明らかに炒めてからケチャップかけただけじゃん……。

 

Act.43

うさぎとミオがガン飛ばし合ったりレイちゃんが美奈子ちゃんに「うぬを頭とは認めん」と言ったりして女の子同士の争いってドロドロするものだから嫌だわ、という回。
あるいは、亜美ちゃん濡れ濡れの回。
ちょっともーあれは、一体、なんですか?主役を差し置いて!いや、勿論強かったのは主役の方だけど別の意味で亜美ちゃん強すぎ。勝てねぇ。でも「水なら負けないわ」とかなんとか言って水属性の敵に水で攻撃する亜美ちゃんはアホだと思った。

・珍しくベリル様がココロ揺れ動いている模様~。ベリル様萌え~。
・「うさぎ、最近彼氏どうなの?」
 言えやしない……言えやしないよ……彼氏は今妙な年上女(が飼ってる若いツバメ)に変なモン埋め込まれた上に拉致監禁されてるなんて……。
・変身時の台詞がみんなゴージャスに。
・まこちゃんの攻撃がかっけー。
・美奈子受け止めるレイちゃんキターーー!!
まもるの すごい 助け方
 普通ヒトが妖魔に捕まってるところに剣投げるか?攻撃範囲内に味方がいたら攻撃しないのが常識でしょ?うさぎ捕まえてる腕を狙ったっていっても……刺さるよ!
・「まもるはまだ、帰ってこれないんだよね」単身赴任の夫を見送る奥さんか……。
・「笑ってればいい バカみたいに」
 衛の姿が消えても言われたことを遵守して笑い続けるうさぎの姿は泣けます。今回はベッドであーもー!と悩んでるところもとてもよかったです。ミオにガン飛ばしてる時の顔は所十三のマンガに出てくる人のようでしたが……。それにしてもうさぎがやっと「ベリルの手下」としてのミオたんに気付いてくれてよかった。

来週はゾイサイト死亡フラグですか!!??
予告を見る限りでは完全に「最愛のマスターの幸せのためにマスターの愛する者を守る」という展開でしたね!ああゾイサイト!なんて可哀想な子なの!報われない片想い萌え!でもクンツァイトと一緒に悲劇のバカップルをストーキングするのはもうやめとけ。

 

Act.44

死者を弔うようにセーラースタータンバリンは鳴り響く……ああ、マスター……また……来世…………、という話。

・最終的にジェダイトの一途さにベリル様が泣いたりするのかなあ。そうなるのキボン。
・亜美ちゃん手作りCookie!マズい!もう1枚!
・なるちゃんなんであんなんなってんの?入院直後は違ってましたよね?
・美奈子がクラウン地下に来たのは初めてな気がします。どーせレイちゃんとも後で仲直りするんだろうし、いい傾向。(まさか美奈子殺さないよなあ????)
・変身妨害!スゲえお約束破り!!
・今回のうさぎは「志村うしろ!」多すぎ。
・ネフ吉腕相撲で喜びすぎ。

相変わらずどうやって移動したんだ、とツッコミたくなる瞬間移動っぷりでしたがなんかいい話でした。感動した!
「大切なものに順番なんてないんだ」
ああ……マスター……滑舌悪いよ。

 

Act.45

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

何?何?何なのこの展開!!?ヒドーい!

あと1ヶ月で終わりだからってヒドすぎる!!

まこちゃんがかわいそうよう!!


まこちゃんの命と引き換えに美茄子が前世の呪縛から解き放たれるってことですか?そんなの悲しすぎるよう!!うわーーん!!!!とかいってどうせ来週どっこい生きてるシャツの中んだろうし死んでても最終回で転生して生き返るんだろうでもそんなご都合主義許さないでも最後はみんな生きてて笑顔で話終わらせないと許さない!(誰を)

アルテミス→美奈子の片思い萌え派としては「なんだか、告白されてるみたい」にかなり胸トキめきました。

 

Act.46

まこちゃん生きてたよかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

(次回予告でまこちゃんが出されていなかったことにまんまと引っ掛かった阿呆ですが何か?)

・「前世のオバケ屋敷」
 レイちゃんはベリル様をオバケ呼ばわりしすぎです!ヒドい!さてそんなオバケ扱いベリル様、今回はセリフ無しでしたが、妖艶なだけでなく切なさも感じさせる無言の演技、大変麗しゅうございました!ビバ!ダークキングダム!
・「死んでも、また生き返ればいい」この台詞はPTAからクレームが来たりしないんでしょうか。杞憂でしょうか。
・「驚いた?」滅茶苦茶驚いた<アホ)つか、なんつう力技をやりやがるんだミオたん……。いきなり本拠地に主役側キャラを召喚するなんて……。そんなミオたんのわざとらしい無邪気小悪魔演技にかなりメロメロです。有紗かわいいよ有紗

愛野美奈子は明日にでも消える存在って言ったけど、僕は消えないと思う」
ここでアイドル、つう設定が生きてくるわけですね。上手いな~。

 

Act.47

 

美奈子ォォォォオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

最終2話(Act.48とFinal Act)

ハッピーエンドでよかったよかった!
主役カップル復活と引き換えに他の全てのカップルが消滅してるけど!
ミオたんの死に際が如何にも小悪党っぽくて最高だった上にSpecial Actでも妙な扮装で登場するみたいでウハウハです。ベリル様の影だったのならベリル様亡き後も登場するのはおかしいと思うけど気にしません。(いきなりミオたんのことを話し始めるセラムン感想は異端かもしれないがそれも気にしません)
最後の方の詰め込み方は美奈子ちゃんの死に疑問を抱かせるほどでしたがそれも気にしません。「レイちゃん何でタンバリン2つ持ってんの!?あ!美奈子ちゃんのだ!!」と、かなり感動したのでもういいです。細かいとこ気にしません。ベリル様の最期も泣きはしなかったけど予想したような感じだったのでかなり満足です。てゆうかぶっちゃけセーラー戦士関係よりこの2人とか四天王勢ぞろいとかの方でばっかり泣いていました。
セーラー戦士はさ……泣くっていうより……エロかった。
敵に弾き飛ばされて倒れてるカット、スカートがめくれ過ぎてて恐ろしく卑猥な感じになってるところがあった。特にマーキュリー。正面から映してるからはっきり見えるわけじゃないんだけどさ。



「結婚式エピソード最終回に出来なかった」とか「美奈子殺す必要あったんか」とかなければ漫画よりアニメより最高だったと手放しで褒めてたんですが……。
(ミュージカルは流石に見たこと無いし、2時間の舞台は他の媒体と一緒くたに比較できるものでは無いと思う)
でも面白かったし、セラムン世代生え抜きど真ん中のオタクの一人としてセラムンを見返すいい機会にもなりました。

*1:当時から既に小林さんが書いてることは話題になってたがその時の私は知らなかった