世界の果てのはてな

オタク主婦の漫画とアニメの話

春だワッショイ暗殺教室最終回まつり(ネタバレなし)

満を持して週刊少年ジャンプ先週号で「暗殺教室」が最終回を迎えました。 

週刊少年ジャンプ 2016年4月4日号 16号

週刊少年ジャンプ 2016年4月4日号 16号

 

なんでこれAmazonの書影出ないんだ。

 

アニメ化と実写映画化されるだけでもすごいのに更に原作漫画と映画をほぼ同時期、ちゃんと作品にあわせて卒業シーズンに終わらすとかいうすごすぎることをやってのけてるのでテンションが高まって初めてジャンプ流も買ってしまいました。あと今週はもう本編は掲載されてないけど殺新聞にはロングインタビューが掲載されてるので好きな人は読むといいと思います。

このすごすぎるメディアミックス*1をどうやって実現してたのか気になってたので超丁度よかった。満足した。

 

アニメと映画はちゃんと見てないんですが(見ろよ)アニメはこないだ棒倒し見たらガチで英語喋ってて感動したし映画の主題歌も今日FNNうたの春まつりで見たらめっちゃ作品内容に沿った歌詞作ってあってすげーなと思いました。「このセンセーション」て歌詞が「殺せんせー」と頭韻になるところもすごい。

 

ジャンプ流も盛りだくさんですごい(すごいしか言ってない)

 

f:id:stein:20160329011133j:plain

薄水色で印刷されてるやつが「特製マンガモ写用紙」 すげーつけペンでペン入れしたくなるのに、引越しに伴う断捨離でつけペンを捨ててしまったことを激しく後悔しています。元よりたいした絵が描けるわけでもないけど最近漫勉見てるとよくつけペンでギャリギャリ絵を描きたくなるので*2

DVDもざっと見たけど面白い。松井先生の仕事場は前もNHKの番組で見たけどその時より本棚がきちんと紹介されてる気がする。最近のおすすめって言って3月のライオンを紹介してるけどその横にどげせんがあるしそれよりもまず本棚で真っ先に目につくのがシグルイだったりする。

 

あとこれ、本誌で読んでる人じゃないと気が付きにくいけど夏発売予定のファンブックに誰のその後を描き下ろしてもらうのか投票受付中。

烏丸+ビッチ先生、律、カルマ、狭間、あたりを描いて欲しい。はがき送ります。まあカルマは描かれなくても大体予想つくんだけど……。

 

でもカラスマやビッチ先生たちはなんかもう来週から出てきそうな感じもする。

 

さて暗殺教室

誰もが驚いたあのシーンでは当然私も驚いたんですが、ネウロの時の刹那と春川のラストを本誌で読んだ時ほどの衝撃を受けなかったので、総合評価としてはネウロの方が好きです。

でもすげー面白かった。暗殺教室の最終回はほんと素晴らしい。あの終わり方で全く文句ない。*3

実際今人間一人産んで育ててる最中なんで教育の観点から見ても非常に興味深い内容でありました。名付けの話とか出産3ヶ月前に読んだから襟を正される思いであった。

 

松井先生はネウロの時から好きなんですが、今回こんなすごいメディアミックス一大プロジェクトをやってのけてるところをリアルタイムで見られてとても楽しかったです。

暗殺教室まだまだ続くけど松井先生の次回作にも期待。

 

その他過去の暗殺教室感想数点

stein.hatenablog.com

stein.hatenablog.com

 

ひらめき教室 「弱者」のための仕事論 (集英社新書)

ひらめき教室 「弱者」のための仕事論 (集英社新書)

 

この本買おうと思ったけどKindle版なかったからやめた。eBookJapanにも無い。もう家に本増やせない。ジャンプ流は買うけどおまけとか無い本は電書で同時発売してほし〜〜い。

*1:他に「同時に終わらせた」のって私はとらドラの原作小説とアニメしか知らない。あれは大枠は同じであるものの細かい描写は結構異なっており、でもあれはあれでとても良く、小説とアニメ両方の最終経緯を見てこその「龍虎並び立つ」だと思っている。

*2:私の絵が見たい人は育児ブログの4コマをご覧ください→

4コマ カテゴリーの記事一覧 - 世界の果ての育児

*3:強いて言うなら……強いて言うなら「あったかい家庭を築くこと」が至上みたいな書き方されてるところだけ惜しいと思った。孤高に生きる道の肯定もして欲しかった