読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てのはてな

オタク主婦の漫画とアニメの話

劇場版「ちはやふる」超泣いたし地元足利で撮影してた


「ちはやふる -上の句・下の句-」予告

昨年夏に一気読みしたばかりで読者歴もまだ浅く、そんなドップリ大好きなわけではない「ちはやふる」、アニメ版は全然見てないし映画も見に行こうかどうか迷ってたんですが、我が出身地の栃木県足利市で撮影されたシーンもあるということで興味が湧いて見に行きました。

結果、なんだかすげえ〜〜泣いてしまい、最後はエンドロール(Perfumeです☆)が短かったのが完全に裏目に出て、泣いてるのに余韻に浸る間もないまま退出。しばらく劇場敷地内から出られなくなりました。

特に良かったところを2点挙げます。

 

・千年の時を超えて、歌が「人の心を動かす、人の心を繋げる」シーンをきちんと描いている*1

・ちゃんと「青春懸けてる」感じが伝わってくる

 

『青春懸ける』は原作読んでる人ならニヤリとするキーワードだと思います。勿論例のセリフも出てきます。

 

それでは以下、「良かったキャラランキング」と併せて感想をまとめていきます。なるべく致命的なネタバレ無しで書きます。

劇場版ちはやふるで良かったキャラランキング上位5人

1位:机くん

机くんが泣くシーン全部一緒に泣いてた。正直千早とかどうでもいいというかこの映画の主人公は机くん……というのは冗談ですが机くんをクローズアップすることにより「チーム」であることが強調されてとても良かった。そう、この物語は輝ける容姿や卓越した技術を持った人間のためだけの物語ではない。この机くん推しの脚本にしたのほんと神だと思います。

2位:かなちゃん

うっかりハゲ。かなちゃん可愛い。千早と違って派手めな顔つきじゃないところが原作準拠っぽくて良い。でも顔つきとは裏腹に感情表現や動きは豊かなところがこれまた良い。前半は完全にかなちゃん最高と思ってたけど後半で机くんに持ってかれたから惜しくも2位。

3位:原田先生

原田先生は原作からそのまま抜け出てきたようですごい。原田先生マジ原田。進撃の巨人に出てきた人とは思えない(いろんな人に失礼な感想)*2

ちなみに原田先生は原作だとお医者さんだけど映画だと神社の神主さんになっている。

4位:ヒョロくん

ヒョロくんも物凄い再現度ですごかった。ヒョロくん初登場シーンだけでも滅茶苦茶笑えるし原作ファンにはヒョロくんのためだけに劇場に足を運んで欲しい。ヒョロくんの再現度は本当にすごい。2.5次元なんてもんじゃない。2次元×2次元=4次元とかわけわからんこと言い出したくなるくらいすごかった(またすごいしか言ってない)

太一との運命戦最後の演技も良かった。

5位:太一

正直もっとまつ毛長くして欲しかったけど良かった。演技というより脚本と演出が良かった気もするけど……。原田先生と例の「青春懸けてから」の話するところも良かったしかなちゃんからエール送られるところや、最後の新との電話のシーンも良かった。電話のシーンは役者さんの表情とかを映さずとも室内の空気感から「感情を丁寧に描く」姿勢が伝わってきて太一の心情を想像して泣いた。新の心情も。

青春の葛藤と勇気と決断と……この物語の大事なエッセンスがたくさん盛り込まれてるキャラだと思った。漫画だとそれほどでもなかったんだけどこの映画見て太一のこと好きになった。

おまけ:栃木県足利市

高校は母校じゃなかったんで分かんなかったけど武道館と織姫神社は見てすぐ分かりました。う、うれすぃ〜〜〜〜。あとエンドロールのどっかに書いてあった栃木県足利市立第二中学校は母校です。校歌歌えます。*3

足利は6/14に痛車祭とアイドルイベントが開催されるのでよかったらみんな遊びに来てね→6.14足利痛車祭・アイコレ【イベント全体図】

 

千早は可愛かったし天真爛漫さが出ててよかったけど他は特に書くこと無い。新はお目目がパッチリしててなんか千早に似てた。あー、千早が気絶するとこでいちいち貞子登場音みたいな音がするのは邦画じゃないと出来ないオマージュで面白かった。

机くんとかなちゃんと比べると肉まんくんは長い見せ場がなくて正直ちょっとかわいそうだな……と思った。すごい良かったんですけど。肉まんくんも。

 

こんだけ感想書けるんだから私ちはやふるのことすごい好きなのかな???いやまだ大好きというレベルでは……涙腺ゆるゆるガバガバでしょっちゅういろんな作品で泣いてるから涙するのは珍しいことではない。

でも嗚咽するレベルの映画はかなり久しぶりだった。

原作信者ってほど原作に心酔してないから「アラ探し」にならなかったのも素直にこの映画で感動できた理由の一つだと思います。

というわけで原作ファンの人に絶対おすすめ!って強くは言えないのですが興味あったらすぐにでも劇場に足を運んで見てみるとよろしいかと。

 

最後に下の句の予告映像が出てくるのもすごい、もう、なんか、感極まる。書いてて泣きそう。

 

映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック

映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック

 

 音楽も良かったナア〜〜。

 

関連記事

stein.hatenablog.jp

原作漫画で一番好きなのは猪熊遥さんです。子育て中の母としてあの人には気持ちを揺さぶられずにはいられない……。正直彼女がいるから太一とか千早とかにあんま心掴まれなかったんだろうなと思う。ていうかもう自分33歳だしね!かーちゃんズ視点で見てしまうのは仕方ない。

 

*1:跳ね飛んだかるたがほっぺにぶつかるところは「人の心を繋げる(物理)」という感じもして面白かった

*2:余談ですが私はちゃんと進撃の巨人前編4DX見に行ってます。他にもマッドマックスもフォースの覚醒も劇場で見てますがTwitterに書く程度で満足してブログには何も書いてません

*3:足利は「映像のまち」と称して映画撮影招致をしてるらしく「君に届け」でも使われてたらしいし他にもかなりいろんな映画で使われてます。今やってる朝ドラ「とと姉ちゃん」にも使われてる。平成ガメラにも使われてて見たくて北米版BD買ったけどまだ見てない